週刊おんな太閤記クレジットタイトル、第二十回「秀長の祝言」

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」のクレジットタイトルをご紹介した上で、気になったことをあれこれと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第二十回「秀長の祝言」の概要

秀吉は三木城を攻略して長浜に凱旋し、堺の豪商などを招いて茶会を催します。さらに、ねねは一族や家臣に別席を設けていました。それは、ねねとなかで考えた、秀長としのの祝言の席です。しのは三木城の兵糧攻めで失明していました。秀吉はしのの嫁入りを許さないと激怒しますが、ねねとなかに脅され言いくるめられて、2人の結婚を認めます。その後、秀吉は鳥取城を落とし、天正10年(1582)、備中高松城を水攻めにします。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第20回 秀長の祝言 -NHKオンデマンド
秀吉は三木城を攻略して長浜に凱旋し、堺の豪商などを招いて茶会を催します。さらに、ねねは一族や家臣に別席を設けていました。それは、ねねとなかで考えた、秀長としのの祝言の席です。しのは三木城の兵糧攻めで失明していました。秀吉はしのの嫁入りを許さないと激怒しますが、ねねとなかに脅され言いくるめられて、2人の結婚を認めます。そ...

クレジットタイトルの全貌

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

利家役・滝田栄さんが四枚目、まつ役・音無美紀子さんが五枚目

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

利家役・滝田栄さんの四枚目、まつ役・音無美紀子さんの五枚目はいずれも初。

滝田栄さんに関して、これまではトメG筆頭が多く、藤岡弘、(旧芸名・藤岡弘)さんの信長不在の時に中G筆頭に入ることもありました。

しかし、今回は藤岡弘、さんの信長も中G筆頭で登場、滝田栄さんの利家にとって定位置だったトメG筆頭は、なか役・赤木春恵さんが不動になってきた状況。

というわけで、これまで四枚目が多かった、まつ役・音無美紀子さんが五枚目に下がり、四枚目を利家役・滝田栄さんに譲った形が今回の四枚目と五枚目。

利家とまつの四枚目と五枚目だから、これはこれでしっくりしている印象。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

物語では、客人として久しぶりに長浜を訪れた利家とまつでしたが。

信長死後のクレジットタイトルにおいて、利家のポジショニングが気になるところでしょうか。

中Gで長山藍子さんと田中好子さんが入れ替わる

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

第二十回「秀長の祝言」といえば、秀長と夫婦になった、しのが何かと活躍した回でもありました。にもかかわらず、しの役・田中好子さんが中G三枚目に下がり、とも役・長山藍子さんが中G二枚目に上がりました。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

この点に関して、なんで今頃?といった印象が強いですね。今回に関しては、しのの方がともよりも活躍していたのは明らか。故に、活躍度を考慮しないのであれば、これまでも、とも役・長山藍子が中G二枚目、しの役・田中好子さんが中G三枚目でよかったはず。

ちょっと、今回は意味不明ですね。

ちなみに、長山藍子さんのともに関しては、回を重ねるごとにクローズアップされない道理がない展開となるため、その時にはしっかりと、然るべきポジションを用意する必要があるかと思います。

 

 

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」

 

次回に続く

 

クレジットタイトルツイート

 

 

 

週刊おんな太閤記随想、第二十回「秀長の祝言」

週刊おんな太閤記随想、第二十回「秀長の祝言」
2022年8月14日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二十回「秀長の祝言」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、橋田壽賀子作品故に、登場人物と演者の情景、気にならない道理がない台詞と語り、そし...